13
 
本「ロイヤル・スウィート・クルーズ」こぼれ話。
紅茶とサブタイトルの話


そういえば今回、最初取りあえず書いたあとに章に分けました。
「ご主人さまと~」の時は……どうだったかな
なんか、あれは何カ所かは初めから、章を変えてあったような気がする。
今回のは最初に書いた後、担当さんとのやりとりしながら
直してるどこかの段階で内容から、サブタイトルをとりあえずつけたのです。

ところで
今回は王子様と船室メイドさんの身分差恋愛王冠
なのですが、お話しの中で
紅茶を淹れるところが何度かあって
その紅茶何にしようか……とか
悩んだのですが、高級感のある紅茶って何だろう
と思ったときに真っ先に思い浮かんだのが
ダージリンの春摘み新茶
ストレートフラッシュ。でした。
これは実は偶然にも、今がシーズンなのですー
紅茶専門店さんとかに行くと
多分ストレートフラッシュの特集くんだり、
新入荷の案内が出てるかと思います
青みがかったダージリンストレートフラッシュは
ちょっと長めに蒸して味わっても、全然苦くない
美味しいですよー。
ただしお値段もいいかなーと思うので
とっておきのティータイムにどうぞ

そんで、サブタイトル。
わりと後の方のもう決定稿が出そうなときに
担当さんからのメールで、紅茶がひとつのキーアイテムだから…
みたいにいわれたときに
そーだ
サブタイトルに、ひとつくらい紅茶にかかわるものをいれよう
とか思い、慌てて2章のサブタイトルを
『第二章――王子の我が儘ティールーム』
に変えたのでした。
他に『第四章――王子の命令には絶対服従のバスルーム』というのが
あったので
ティータイムにしようか、悩んだのですが
ティールームとバスルームで
韻を踏んでるのもきっと可愛い
とか思ってティールームに。
このサブタイトル、最後に入れた割に
一番くらいに気に入ってます
我が儘ティールームってなんかよくないですか
我が儘言える部屋って感じの…割と好きかも。

ちなみに「ご主人様と甘い服従の輪舞曲」では
『第一章 甘い告白は蹂躙する』っというのが一番のお気に入りでした。

そして今回のサブタイトルは、こぼれ話のネタ何にしよう…と思ってるときに
水島忍先生がサブタイトルについてTwitterで呟かれてて
そーだ。サブタイトルの話でもと思ったのでした

他の作品でもサブタイトル眺めるのって
結構好きです。
どんなお話か何となくわかりますしね
関連記事

最新記事

Twitter



藍杜屋/バナー企画

RSSリンクの表示

最新コメント

リンク

QRコード

QR

【縦長バナー2】

Copyright © 藍杜雫 / Designed by Paroday