23
 
やっとこさ、こたつをあげました。
ここからがまだ部屋掃除の難題山積……(>_<)
実は1月から中途半端に大きな部屋掃除をやっているので、いつまでたっても終わりません~(汗
荷物が増えすぎて、物を捨てないと、どうにもならないのですが
分別している時間がない(T_T)

近況としては
某クラスタのミュージカル友達が宝塚で見て良かったと言うので
東宝版の『1789 -バスティーユの恋人たち-』を見に行ってきました
加藤和樹くんのほうです……(●´ω`●)
や、今回はWキャストまでチェックするのは無理だったので
当日券の一階補助席だったんですが、安い割にいい席でしたわ~
二幕の演出ですぐ後ろに人が通って臨場感がありました

耳に残りやすいメロディーとリプライズで
お話としても恋人たちに焦点を当てていてわかりやすく
なかなか素敵なミュージカルでした

そんなことはともかく
「魔王になった幼馴染みとは子作りできません! (ジュエルブックス)」も
「軍師の飽くなき渇愛 (ティアラ文庫)」もお手に取ってくださった方ありがとうございました!
もちろん、「眼鏡王子の溺愛×罠」コミカライズも!

珍しく、立て続けに小説の感想を頂きまして、びっくりしつつも嬉しいです!
変わった話だったせいでしょうか……(゜д゜)

どちらも好きな方には、とても好きなお話だったみたいで
楽しんでいただけたようで、良かったです

正直、変わった話というのは、なかなか書く機会がありませんので
もし気に入ってくださいましたら、よかったよと友達にでも勧めてやってくださいませ~
レビューもうれしいです。ありがとうございます!

個人的に感想をいただくのは、もちろんうれしいのですが
商業のほうの感想は、できれば編集部のほうにいただければ、うれしいです。
→■■■
いろいろと、大人の事情があるのです~~~(>_<)

どうしても電子書籍購入の方は、感想もネットになりますよね……(^^;)
ティアラ文庫さんのほうはメールフォームがあるのですが(;´д`)ゞ
でも、メールフォームの感想は多分、作者には届かない……(笑)
「続編希望を何度も出してました!」と読者さまから申告していただいて
初めて書いてくださってる方がいるのを知ったくらいなので
基本的に本当に編集部宛になります

続編とかスピンオフとかは売り上げが落ちることが多く
企画としては通りにくいため
こういった声を頂いていたおかげで
「皇帝陛下の新妻」や「還ってきた皇女と媚薬殿下」を
出させていただけたのだと思います!
ただやっぱり売り上げがすべての世界ですので……
商業で続編を出すのは、なかなか難しいのだと思って間違いないです
こればっかりは、ぺーぺーの新人に過ぎない私の一存では、どうにもできないのです(>_<)

あと、ついでと言ってはなんですが
誤字とか間違いを発見した場合は
特に直接、編集部のメールフォームにいただいた方が有難いのです~
や、これは本当に本当に……できましたら、でかまいませんが
作者よりは編集部のメールフォームにお願いしますm(_ _)m

たまにレビューに書かれる方がいらっしゃるようですが
編集さんはあまりレビューを見ない方も多いのです
個人的な知り合いで編集している方も、
「Amazonとかのレビューは絶対に見ない」と断言している方もいまして……

最近は誤字はそんなにないと思うのですが(>_<)
おまえの字が汚いから、間違いが多いのだと言われると痛いwww
平に平によろしくお願いします

ちなみに作者的にいつも間違いチェックで気をつけているのは
Hシーンのときに二回脱いでいないかですwww

そういえば、コメントの返事とかしようと思ってそのままだったやつとか
簡単に続きから
 
 
>クラウスのお母さんの話
うっすら考えてましたが、機会がありませんでした
小説の中にうっすら書かれているのですが、こちらもわりと身分差恋愛なのですよね

>魔王になった月読と真昼の結婚生活とか、今度は真昼がもてる話とか
おおお、ま、真昼にモテ期w来るのか!?
多分、新婚生活の前に大学入試が待っている(遠い目)
大学部の制服を着るのを、きっと真昼は楽しみにしているかと……(*^_^*)
あの2人、このまま普通に結婚できるのかなぁ……

>軍師の飽くなき渇愛での最初の敗走(?)シーンについて
そういえば敗走シーンって二カ所合ったんでした!←←←
あのシーン気に入っているのでよかったと言っていただいてうれしかったです!
関連記事

最新記事

Twitter



藍杜屋/バナー企画

RSSリンクの表示

最新コメント

リンク

QRコード

QR

【縦長バナー2】

Copyright © 藍杜雫 / Designed by Paroday