09
 
新刊「軍師の飽くなき渇愛-ティアラ文庫」の見本誌いただきました
かっこいいデザインにしていただきました!

少し前に、眼鏡王子の韓国版の見本誌もいただいていたので
こちらもパシャリ✨

眼鏡王子は七里慧先生のコミカライズが
宙出版様から出ますので
こちらも併せてよろしくお願いします!!!
お、お小遣いに余裕がありましたら是非!!

そして本題です。
先日気がついたのですが
「ご主人様と甘い服従の輪舞曲-ロンド」が
ほとんどの書店で品切れの様です


昨今の様々な情勢の変化もあり
たぶん再販がかかることは無いと思うので絶版品切れで
紙の本は新刊では手に入れられなくなるんじゃないかと思います

というのを、書こう書こうと思いながら先延ばしにしていたら
ネットで通販扱い可能なところがヨドバシしかなくなってしまった(汗
ヨドバシ通販

この本は大人の事情といいますか……
新人賞という形で出していただいたせいもあり
実は部数がかなり多かったのです
正直、永遠になくなることはないと思っていたのですが、まさか。
びっくりです(゜Д゜)
断裁破棄なんじゃないかと疑い、確認しましたが、どうも違うようですw
たぶん、イラストを書いてくださった椎名咲月先生目当てで
ほそぼそと買ってくださってる方が
いたのではないかと!!思います!!

先日、部屋から出てきた「ご主人様と甘い服従の輪舞曲-ロンド」を知人に差し上げてしまったので
もしかしたら手持ちの本がないかも!と思って
書店で買おうと思ったら、近場で売ってるところがなくてですね……
よくよく探したら、もう一冊出てきたので良かったのですけど
あやうくデビュー作が手元になくなるところでしたw

こういうのは問屋在庫とか書店在庫とかで
細々と残ってるはずなので、
本屋さんによっては注文できる場合もあるそうですが
出版社在庫は、ほぼないそうです
もし持ってない方で紙の新刊で欲しい方は
見かけた際に確保してやってくださいませ~

いやでも、この本、いったいどこで売れたんだろうかwww ……怖いw
わたし発売当初、本屋に偵察に行ったときは
そんなに売れているように見えなかったんだけどなぁ??

なぜひとつの本が、発売した直後だけではなく
その後も売れ続けるのか
その理由というのを、確定させるのは難しいと思いますが
この本だけは新人賞扱いのため
編集部で推していただいたせいでしょうか??

たぶん私の目に見えないところで、売れてたのですね……へぇへぇへぇ……
イベントで、この本が好きですというコメントをいただいたときも
とても驚いてしまったあいもりですw
や、もちろんうれしかったのですけど
というか、部数が少ない本からなくなると思っていたんだけど
実は違うのかもしれない……

最近になって、この小説を拾い上げていただいた理由を伺い
「そういうことは早く言ってください……!」
とひそかに、友人に愚痴っていたことはナイショですw
わりとなんていうか
自分にとってはコロンブスの卵的な理由だったのですが
実際にこうやって、自著が絶版品切れになるほど売れるというのは
たぶん、数字に表れにくいどこかで、
この本が売れていたと言うことなのでしょう
まったくもってびっくりでした!

ただひたすら萠えだけを詰め込んで、この投稿作を書いたのですが
まさかそんなに売れるなんて、夢にも思いませんでした

これからも初心を忘れずに、ラノベ小説界の末端でほそぼそとしぶとく
傭兵のように、書き続けていきたいと思います
何でも書けるようになりたい……(>_<)
どこで本が出るかのお知らせは、めるまがでも出してます
新刊出て、登録してくださった方ありがとうございます(平身低頭)
めるまが登録

ともあれ、お手に取って下さった読者様はもちろん
新刊が出るたびに既刊を揃えてくださったりした
リアル書店さまのおかげだったりもあるかと思います。
もちろん、美しい挿絵を描いてくださった椎名咲月先生にも感謝です。

電子書籍は取り扱い続いてますので
興味を持っていただいた方は、正規に電子書籍で購入していただけると
わたしがうれしいです

同世界観のお話、「S系公爵の優雅な戯れ~水都秘恋ロマネスク 〔ヴァニラ文庫〕」もよかったらお願いします~。
コミカライズは延期になってた……大人の事情というやつですね
予約してくださった方、すみませんすみません💦💦💦

しばらくしたら新刊の案内を上に上げますね
今度の新刊も「ご主人様と甘い服従の輪舞曲-ロンド」のように
好きな人は凄く好きという本かもしれない……
どうか手にとっていただけますように!
関連記事

最新記事

Twitter



藍杜屋/バナー企画

RSSリンクの表示

最新コメント

リンク

QRコード

QR

【縦長バナー2】

Copyright © 藍杜雫 / Designed by Paroday