15
 
【追記】
普段こんなにお知らせが連続することがないので(^^;)
おたおたしててすみません
最近スマホで見ると、一番上のインフォメが見られないことに気づいたw
せっかく作ったから、縦長のバナーを記事の中でお披露目~~~✨

そうそうこの話は、好きなエロシチュエーションを目的に書いていたのですが
「ベッドに行くまで待てない」だけじゃなくて
夜、恋人(?)がいつ訪れてくれるのか、ドキドキしながら待つ……
というのも、実は好きなシチュエーションなのだなぁと気づきました。
もちろん、朝も昼も夜も喘がされて、「もう無理!」っていうのも好きなのですが
夜にだけ訪れる恋人を思って待つ時間って、ロマンチックじゃないですか?
なーんて
藍杜屋/バナー企画

そして、わたしも献本をいただきました!
やっぱりデータで見るより、印刷の方が綺麗!
七里先生は漫画がうまい方なので、とても楽しく読ませていただきました!
Twitterでつぶやいたのですが
クロードだけじゃなく、ランドルフも出張ってますよwww

斜体文 4月刊
※どうも小説一冊とコミックスが一冊出そう(^^;)※一冊は延期のようです(>_<)
◆2016-04-17?(予定)UP

本ティアラ公式サイトお試し読み/《電子書籍もこちらから》
試し読み始まってます!
アマゾン楽天セブンエルパカ アニメイトe-hon紀伊國屋hontoHonya/ツタヤ
「軍師の飽くなき渇愛 (ティアラ文庫) 」
◆藍杜 雫 著 ・プランタン出版
属性;男装/王女/軍師/王子/敵/策士/求婚/結ばれない恋
男装王女×軍師王子
昨日まで知らなかったはずの声に、肌の熱さに、執拗な指先に
―――――恋に堕ちた。

「あなたはもうすべて俺のものだ」
敵地で助かるために、敵の軍師レクターに抱かれた男装の王女ラクチェ。
ずっと戦場で策を競わせていた好敵手との邂逅に、思いがけず胸はときめき、躯に彼の情欲を刻みこまれていく。
彼と一緒にいたい。そう思い始めたラクチェに、自分の兄王子との結婚を勧めるレクター。
なのに、夜になれば情熱的に抱いてきて……。
その執着の果てにしあわせな結婚はあるの?
男装王女と軍師王子のドラマティック・ロマンス!
名前ぐらいしか知らなかった、ずっと気になっていたライバルの敵の軍師。
その声や存在を知ってしまったら、もう知らない自分に戻れなくなってしまった
……そんな情愛の物語。

情熱的に抱かれて、存在を体に刻み込まれたあとでは
跡継ぎの王女といえども、もう彼なしにはいられない……。
けれども相手は敵国の王子。
その上、和平協定のやり取りで、結婚相手として自分の兄を薦めてくるなんて!?

そんな駆け引きの果ての求婚物語です
舞踏会の挿絵で、ヒーローのレクターが、やけに品がいい紳士で!!紳士で!!
なんだろう……知らなかった。レクター、お前かっこよかったんだね!?
なんて思いました。

秋月ルコ先生の描かれるレクターは上品で素敵です……が
中身は獣でして……(苦笑)

ヒーローはヒロインが好きすぎて、「ベッドに行くまで待てずに、すぐ押し倒す」が
今作のコンセプトでございましたw

「魔王になった幼馴染みとは子作りできません!」を手にとってくださった方ありがとうございました!
あの本どんな方が買うんだろうとびくびくしてますが……
面白く読んでいただけるように最大限頑張りましたので
楽しんでいただけたら嬉しいですm(_ _)m

毎回脇キャラが挿絵になるのを密かに楽しみにしているんですが
今回、暁兄さまが挿絵にならなくてかわいそうとかひっそり思いつつ
でも本当にかわいそうなのは、きっと雨水さまwwwな気がしている。
もぎたて林檎先生が描かれた雨水さまがきらきらまぶしすぎて
なんで雨水さまがヒーローじゃなかったんだ!!!とか思ったことは内緒ですw

そして4月は眼鏡王子のコミカライズも発行されそうです!
ふへへ……と て も エロシーンがエロいです(*///▽///*)ゞボッ ひぃぃぃ❤
漫画化の際に小説と変えている部分もありますが、
こちらも楽しんでいただければ幸いです!
◆2016-04-16?(予定)UP

眼鏡王子の溺愛×罠 王宮図書館の淫らな昼下がり: ミッシィコミックス/YLC DXCollection
七里慧 様(画)藍杜雫(作) 宙出版
アマゾン/楽天/セブン/ エルパカ / e-hon紀伊國屋honto/Honya/ ツタヤ
眼鏡王子の溺愛×罠-ハニートラップ
◆2016-5-20?(予定)UP
「S系公爵の優雅な戯れ-水都秘恋ロマネスク【乙女ドルチェ・コミックス】」
◆琴稀りん様(画)藍杜雫(作
※予約受付中ですが発売延期していました。
※予定は予告なく変更になることがあります
アマゾン/楽天セブンエルパカe-hon紀伊國屋hontoHonyaツタヤ
S系公爵の優雅な戯れ〔ヴァニラ文庫〕

3月刊もよろしくお願いします
藍杜屋/バナー企画
関連記事

最新記事

Twitter



藍杜屋/バナー企画

RSSリンクの表示

最新コメント

リンク

QRコード

QR

【縦長バナー2】

Copyright © 藍杜雫 / Designed by Paroday