19
 
◆2015-4-22 頃発売
戦神皇帝の初夜 姫は異教の宴に喘ぐ (蜜猫文庫)
◆藍杜 雫 著/DUO BRAND.様 画 ・竹書房
《アマゾン》《楽天》《セブンアンドアイ》《honto》《e-hon》《紀伊國屋》《公式》

もうすぐ「戦神皇帝の初夜~姫は異教の宴に喘ぐ〔蜜猫文庫〕」発売です
乙女系小説の8作目。
はじめての蜜猫文庫さまから出させていただきます!
政略結婚で、異国の皇帝グエンに嫁ぐことになった王女リヴェラ。
リヴェラはかつて、異教徒の生け贄にされそうになった過去があり
国ではいない者のように扱われていた。
そんな自分になぜ皇帝は求婚したのだろう?
とまどいながらも、リヴェラはグエンに惹かれていく。
初夜に抱かれ、声が涸れるまで喘がされて――。
濃厚ラブ・ロマンス!
ヒロインの王女リヴェラは運命に強く立ち向かうというより、流されてしまうヒロイン。
けれども、不遇な目に遭っても、あまり悲嘆しない、しなやかなヒロイン。
ちょっと夢見がちではありますが(苦笑)
藍杜が書くなかでは珍しいタイプで、そこが苦労しつつも楽しく書きました。

皇帝グエンは、自分勝手なようでヒロインに甘い。でも夜は容赦なし。
そんないつもの感じですが、ふたりの掛け合いは楽しい感じに仕上がってます!

ちょっと独特の世界観をDUO BRAND.先生が美しく挿絵にして下さいました!
いや本当に挿絵だけでも一見の価値ありですので……よろしくお願いします!
ぜひぜひ書籍なり電子書籍なりでチェックしてやってくださいませ!

挿絵は寺院で抱かれるヒロインのシーンがね……
すごくイメージ通りに綺麗に挿絵にしていただいてお気に入りです。
それでいてエロいのです……
なんかうまく言えないので、これは本当に現物を見ていただきたい。

今回の話のエロやお話とまったく関係ないオススメポイント?は
フギンという大鴉とヒロインが会話しているシーンですw
北欧神話に若干モチーフをお借りしたので、片眼の神オーディンの使いとして大鴉です。
この辺はですね、日本の八咫の鴉も神の使いとされているのですが、ユーラシア大陸ではよくある鴉の使いモチーフで(以下略)
そんななんちゃって北欧神話っぽさとかも楽しんで頂けたら幸いです。

いつのまにか暖かい……というかいつのまにか四月だ……
いつも二月の短いのから三月の決算と四月の年度初めは忙しい記憶があるのですが
今年も気がつくと桜が終わっていたような(苦笑)
桜餅草餅は食べましたが!
関連記事

最新記事

Twitter



藍杜屋/バナー企画

RSSリンクの表示

最新コメント

リンク

QRコード

QR

【縦長バナー2】

Copyright © 藍杜雫 / Designed by Paroday