31
 
去年こんなの書いたかねーと過去ログあさったら、
ちゃんと書いてあった! びっくり∑(;゚ω゚ノ)ノ
今年もお世話になりました的な日記です

えー今年も何とか本を出させていただきましたw
お手にとってくださった方、ありがとうございます!
つねに明日はどっちだ! みたいな感じで書いておりますゆえ
気になったお話があれば、紙の本なり電子書籍なりを
正規で購入していただけるとうれしいです
どの本もまだ紙の本で購入が可能ですのでー

新人というのはまったく実績がありません。
つまり出版社からしてみれば、わたしみたいなぺーぺーの本を出すのは
リスクが高いわけです
なにがどのようにリスクが高いのかというと
もちろん知名度がないから、売れるかどうかわからないということも含めて
こいつ安定的に作品が書けるかどうかわからないとか、
そう言うリスクもあるわけですね
そんな感じで予定に定期的にいれてもらえてないで書いてたわけです

ゆえに応援してくださったり本を買ってくださる方がいないと
なかなか次の本に繋がらないのですねー
本を買っていただいた方のおかげで
なんとか来年の一月にも新刊を出させていただけることになりました

2015-01-17
皇帝陛下の新妻: 新婚生活は淫らなイタズラでいっぱい!? (ティアラ文庫)

藍杜 雫 もぎたて林檎/プランタン出版
詳細はこちら→もう一度マーゴットに会えるー! (12/14)

ふふふふふ……
リスクとか書いちゃうあたり毒されてる……
宇宙人相場面白いですーはまるー
2014-11-21
宇宙人相場 (ハヤカワ文庫JA)/芝村 裕吏
宇宙人相場 (ハヤカワ文庫JA) 
まさかの新婚ものでございましたw まーさーかーのー
いや芝村先生だからこんなカプ色少なそうな感じできても、
何かあるとは思ってましたが!(←どーでもいいw)
文体はなろうとか読んでる人にも気楽に読めそうな感じ
奥さん病弱とか卑怯な設定!
ところどころに読者の心を掴む怖ろしい罠!
……勉強になります。はい。

話が脱線しました
ちなみにマージナル・オペレーションの1も買ってありますw
お正月に読むのです!
脱線しました、スミマセン

「眼鏡王子の溺愛×罠-ハニートラップ」はいつものティアラ文庫さまから
「イケニエの羊だって恋をする!?」は
はじめての現代ものでアルファポリスさまから出していただきました!
続きの連載止まってます。すみませんー(>_<)
イケ恋は多分一月中には再開する予定です。

どちらもエロティック・コメディ略してエロコメですー
次の本もエロコメです
しばらくこの路線で行きたいと思います。
コメディのなかにシリアスもあるし、一冊で二度おいしい仕様ですー

というわけで
今年の自分の十大事件でも
ぱんぱかぱーん

一位】「イケニエの羊だって恋をする!?」のこと
つまり現代ものの本を書いて、本になったことです
書き始めたのそういや今年の正月でした。
今年中に本になりました!びっくりびっくり。
まだ続いてますー
来年も雪也と雨音をよろしくお願いしますー(*u_u*)ペコ
読んで下さってる方、ありがとうございます。感謝です!
雨音はやや卑屈っこなヒロインで天然で流されやすいんですが
流されちゃうのは半分以上雪也のせいだと思いました。
ネットでたくさん声をかけていただいたり
誤字報告とかもほんっとうにありがとうございました
というか誤字報告してくださる方ってすごい文脈読んで
「こういう意味ですか?」とか聞いてくださるので……画面のこちら側で
「なぜわかったー!」とかひとりで叫んでます。すごいです。
頭があがりません……感謝です!
特にサブPCで書いた文章に変換ミスが多い気がしているー
学習データを移せるのかなぁ(←どーでもいい)

二位】「眼鏡王子の溺愛×罠-ハニートラップ」が出ました。
眼鏡ものがやっと書けました!
ご主人様のすぐあとに眼鏡ヒーロープロット出してたんだけど
なかなか書けなかったのですね。
ネットでクロード好きって言って下さってる方がいてうれしかったです!
お手紙でこのお話が好きと熱烈に言って下さった方もありがとうございます!

三位】ーえー半分私事みたいアレだし、本の発売は来年なのですが
ティアラさんは試験販売があるのでいいかな?
ティアラさんの担当さんが変わりました。
デビュー以来お世話になっておりました担当さんから
来年一月発売の「皇帝陛下の新妻」からバトンタッチしまして新担当さんに。
気持ちも新たに頑張りたいと思います
こういうのいつあれなもんかなーと思いつつ、きりがいいのでここで書いてしまいました。
変わりました!

【四位】ヨーロッパに旅行に行ってきました!十年ぶりくらいでした!ヨーロッパ!
はじめての英国とスコットランドの旅ー
周りでは気がつくとみなさま気軽にヨーロッパに行ってるんですが……
もっと気軽に行くには、何かが足らない気がする。英語力か。
なぜだかものすっごく時差に悩まされまして……
その説は各所にご迷惑をおかけしました。ひー
本当に本当に辛かった。寝ても覚めても眠かった!

【五位】そろそろネタが尽きてきました。ぜーはー
あっティアラ文庫さんの「眼鏡王子の溺愛×罠-ハニートラップ」の
公式サイトでの電子書籍の年間ランキングがですね
三位とかびっくりでございました。
〔ブログ記事→ティアラ文庫電子書籍の年間ランキングで三位です! (12/12)
自分で言うのも何ですが、電子書籍に関しては
毎回あまり売れてなかったので、とてもうれしかったです!
眼鏡王子は五月半ば発売ですので
2013年11月1日~2014年10月31日までの集計期間で
三位以内に入るとは正直びっくりでした
どうもありがとうございました!

【六位】韓国版の「皇帝陛下の隷愛」が出ました


大きな本なので口絵のクラウスも大きいー
おまけとかついてます
わーい。あれですね。こういう女性向けが他の国でも読まれているというのは、
ある種、感慨深いと言いますか……ほら、本って世界的に見ても
どちらかというと、男性のもの的な扱いが長いじゃないですか
よく作家さんも男性名で書かないとダメだったとかそういうのって
そんなに昔の話じゃないんですよね。実は。
だからカテゴリ的には女性向け以外の何物でもないこの手の本が
一定の市民権を得て流通しているという事実が、素直にうれしいです
男の人の中には男性向けはあって当然。女性向けのの大人向けなんて……
という固定概念を持つ人も少なくなく
あるいは女性であっても、ほとんど無意識レベルにまで
そう言う価値観が染みついてる人も多々いるかと思いますが、
少しずつでも風は吹いてる! と思います!
というか「ロイヤル・スウィート・クルーズ」も12月に韓国版出てますー
もし見本誌いただけるようでしたら、また写真撮りますねー
これどういう基準でお話しいただいてるんだろうと思ったんですが
どうもサードパーティの電子書籍の順位のような気がする…どうだろう

【七位】ネタが尽きかけてからが本番だ!
今年は沢山の小説を書く人とお会いしました!
自慢じゃないですが、ひきこもりな書き手だったので……というか
そんなに書いてないし……_(:3ゝ∠)_
あまり小説を書かれる方との交流がなく、これまで生きてきたのですが
ちょっとしたご縁でいろいろお話をさせていただいて、まじ目から鱗でした
なんつーかさぁぁぁぁぁぁぁ
小説のうまさって書いてる年数じゃないんだね……(遠い目)
と言うかたとかね……神だー

【八位】いよいよ本格的に書くことがないよ!えーっとえーっと……
あっ!今年初めてファンレターをいただきました!
べ、別に忘れていたわけじゃないんだからな!
。゚(。//>ω<//。)゚。
ちゃんとうれしかったんだぞ
ありがとーありがとーリターンアドレス書いてねー
Twitterやメッセでの感想もありがとうございます!
いまのところメッセ他あわせると、皇帝陛下の隷愛が好きという方が多いかなーと思ってたら
コミケでまさかのご主人様と甘い服従の輪舞曲-ロンドが好きという方に
声をかけていただき……
わりとバラッバラですw 面白いですw
ヒーローのタイプが違いすぎるんかな……
しかし本人的にはこれでなるべく揃えたつもりなので
これ以上焦点を合わせるのは無理だw

【九位】脳みそ絞って行きますよー
えーそうそう初めてフェアとか、いろいろ参加させていただきました!
ティアラ文庫さんの五周年記念の冊子は手に入れていただけましたか?
わたしも楽しく読みました!
豪華なメンバーに混ぜていただきましたよー
次の機会のときにはまた書かせていただけるように精進したいところです。

そしてエタニティさんの方でもどこでも読書さんのガラケーのフェアでSS公開中ですー
[来年の1/5まで]
〔ブログ→エタニティフェア【どこでも読書さんの携帯フェア】に参加します (12/08)
うちのスパルタな小説の師匠に「せんせー短編ってどうやって書くの!!!」とか
泣きついていたこのわたしが!!!!!

【十位】連鎖的な記憶が呼び覚まされることにより、何故かスムーズに出てきた十位!
商業番外編の同人誌作りました!
短編書けないと言えば、そうそうコレですよ。
サイトに載せてるご主人様の短編とかもそうなんですけど
本当に短編って昔っから苦手で……
リハビリでした。
ここで頑張っておいてよかったーフェアのときに役に立ちました!
ちなみに短編ってすごくすぐ書けるときと、苦しむときの落差が烈しいです。
イケ恋のエタニティさんに載っていたアンケートのあと見られる奴とかすごく苦しんで書いたんですが
エタニティフェアのとかティアラ文庫さんの五周年記念の冊子はそうでもなく……
ティアラ文庫さんのは算数できなくて、ページ数間違えてたけどね
その節は担当さんにご迷惑をば……
小説書いてるとき本当に数字に弱いのです……_(:3ゝ∠)_

以上2014年藍杜の十大事件でした!

来年は今年の自分を越えて生きたい。
来年もよろしくお願いしますーよしなにー能天気
関連記事

最新記事

Twitter



藍杜屋/バナー企画

RSSリンクの表示

最新コメント

リンク

QRコード

QR

【縦長バナー2】

Copyright © 藍杜雫 / Designed by Paroday