____...【追記】普段こんなにお知らせが連続することがないので(^^;)おたおたしててすみません最近スマホで見ると、一番上のインフォメが見られないことに気づいたwせっかく作ったから、縦長のバナーを記事の中でお披露目~~~✨そうそうこの話は、好きなエロシチュエーションを目的に書いていたのですが「ベッドに行くまで待てない」だけじゃなくて夜、恋人(?)がいつ訪れてくれるのか、ドキドキしながら待つ……というのも、実は好きな...新刊「軍師の飽くなき渇愛-ティアラ文庫」の見本誌いただきましたかっこいいデザインにしていただきました! 少し前に、眼鏡王子の韓国版の見本誌もいただいていたので こちらもパシャリ✨眼鏡王子は七里慧先生のコミカライズが宙出版様から出ますのでこちらも併せてよろしくお願いします!!! お、お小遣いに余裕がありましたら是非!!そして本題です。先日気がついたのですが「ご主人様と甘い服従の輪舞曲-ロンド」がほとんどの書...\" /> 藍杜雫の今宵も駄文。 - 2016年04月
 
23
 
やっとこさ、こたつをあげました。
ここからがまだ部屋掃除の難題山積……(>_<)
実は1月から中途半端に大きな部屋掃除をやっているので、いつまでたっても終わりません~(汗
荷物が増えすぎて、物を捨てないと、どうにもならないのですが
分別している時間がない(T_T)

近況としては
某クラスタのミュージカル友達が宝塚で見て良かったと言うので
東宝版の『1789 -バスティーユの恋人たち-』を見に行ってきました
加藤和樹くんのほうです……(●´ω`●)
や、今回はWキャストまでチェックするのは無理だったので
当日券の一階補助席だったんですが、安い割にいい席でしたわ~
二幕の演出ですぐ後ろに人が通って臨場感がありました

耳に残りやすいメロディーとリプライズで
お話としても恋人たちに焦点を当てていてわかりやすく
なかなか素敵なミュージカルでした

そんなことはともかく
「魔王になった幼馴染みとは子作りできません! (ジュエルブックス)」も
「軍師の飽くなき渇愛 (ティアラ文庫)」もお手に取ってくださった方ありがとうございました!
もちろん、「眼鏡王子の溺愛×罠」コミカライズも!

珍しく、立て続けに小説の感想を頂きまして、びっくりしつつも嬉しいです!
変わった話だったせいでしょうか……(゜д゜)

どちらも好きな方には、とても好きなお話だったみたいで
楽しんでいただけたようで、良かったです

正直、変わった話というのは、なかなか書く機会がありませんので
もし気に入ってくださいましたら、よかったよと友達にでも勧めてやってくださいませ~
レビューもうれしいです。ありがとうございます!

個人的に感想をいただくのは、もちろんうれしいのですが
商業のほうの感想は、できれば編集部のほうにいただければ、うれしいです。
→■■■
いろいろと、大人の事情があるのです~~~(>_<)

どうしても電子書籍購入の方は、感想もネットになりますよね……(^^;)
ティアラ文庫さんのほうはメールフォームがあるのですが(;´д`)ゞ
でも、メールフォームの感想は多分、作者には届かない……(笑)
「続編希望を何度も出してました!」と読者さまから申告していただいて
初めて書いてくださってる方がいるのを知ったくらいなので
基本的に本当に編集部宛になります

続編とかスピンオフとかは売り上げが落ちることが多く
企画としては通りにくいため
こういった声を頂いていたおかげで
「皇帝陛下の新妻」や「還ってきた皇女と媚薬殿下」を
出させていただけたのだと思います!
ただやっぱり売り上げがすべての世界ですので……
商業で続編を出すのは、なかなか難しいのだと思って間違いないです
こればっかりは、ぺーぺーの新人に過ぎない私の一存では、どうにもできないのです(>_<)

あと、ついでと言ってはなんですが
誤字とか間違いを発見した場合は
特に直接、編集部のメールフォームにいただいた方が有難いのです~
や、これは本当に本当に……できましたら、でかまいませんが
作者よりは編集部のメールフォームにお願いしますm(_ _)m

たまにレビューに書かれる方がいらっしゃるようですが
編集さんはあまりレビューを見ない方も多いのです
個人的な知り合いで編集している方も、
「Amazonとかのレビューは絶対に見ない」と断言している方もいまして……

最近は誤字はそんなにないと思うのですが(>_<)
おまえの字が汚いから、間違いが多いのだと言われると痛いwww
平に平によろしくお願いします

ちなみに作者的にいつも間違いチェックで気をつけているのは
Hシーンのときに二回脱いでいないかですwww

そういえば、コメントの返事とかしようと思ってそのままだったやつとか
簡単に続きから
 
15
 
【追記】
普段こんなにお知らせが連続することがないので(^^;)
おたおたしててすみません
最近スマホで見ると、一番上のインフォメが見られないことに気づいたw
せっかく作ったから、縦長のバナーを記事の中でお披露目~~~✨

そうそうこの話は、好きなエロシチュエーションを目的に書いていたのですが
「ベッドに行くまで待てない」だけじゃなくて
夜、恋人(?)がいつ訪れてくれるのか、ドキドキしながら待つ……
というのも、実は好きなシチュエーションなのだなぁと気づきました。
もちろん、朝も昼も夜も喘がされて、「もう無理!」っていうのも好きなのですが
夜にだけ訪れる恋人を思って待つ時間って、ロマンチックじゃないですか?
なーんて
藍杜屋/バナー企画

そして、わたしも献本をいただきました!
やっぱりデータで見るより、印刷の方が綺麗!
七里先生は漫画がうまい方なので、とても楽しく読ませていただきました!
Twitterでつぶやいたのですが
クロードだけじゃなく、ランドルフも出張ってますよwww

斜体文 4月刊
※どうも小説一冊とコミックスが一冊出そう(^^;)※一冊は延期のようです(>_<)
◆2016-04-17?(予定)UP

本ティアラ公式サイトお試し読み/《電子書籍もこちらから》
試し読み始まってます!
アマゾン楽天セブンエルパカ アニメイトe-hon紀伊國屋hontoHonya/ツタヤ
「軍師の飽くなき渇愛 (ティアラ文庫) 」
◆藍杜 雫 著 ・プランタン出版
属性;男装/王女/軍師/王子/敵/策士/求婚/結ばれない恋
男装王女×軍師王子
昨日まで知らなかったはずの声に、肌の熱さに、執拗な指先に
―――――恋に堕ちた。

「あなたはもうすべて俺のものだ」
敵地で助かるために、敵の軍師レクターに抱かれた男装の王女ラクチェ。
ずっと戦場で策を競わせていた好敵手との邂逅に、思いがけず胸はときめき、躯に彼の情欲を刻みこまれていく。
彼と一緒にいたい。そう思い始めたラクチェに、自分の兄王子との結婚を勧めるレクター。
なのに、夜になれば情熱的に抱いてきて……。
その執着の果てにしあわせな結婚はあるの?
男装王女と軍師王子のドラマティック・ロマンス!
名前ぐらいしか知らなかった、ずっと気になっていたライバルの敵の軍師。
その声や存在を知ってしまったら、もう知らない自分に戻れなくなってしまった
……そんな情愛の物語。

情熱的に抱かれて、存在を体に刻み込まれたあとでは
跡継ぎの王女といえども、もう彼なしにはいられない……。
けれども相手は敵国の王子。
その上、和平協定のやり取りで、結婚相手として自分の兄を薦めてくるなんて!?

そんな駆け引きの果ての求婚物語です
舞踏会の挿絵で、ヒーローのレクターが、やけに品がいい紳士で!!紳士で!!
なんだろう……知らなかった。レクター、お前かっこよかったんだね!?
なんて思いました。

秋月ルコ先生の描かれるレクターは上品で素敵です……が
中身は獣でして……(苦笑)

ヒーローはヒロインが好きすぎて、「ベッドに行くまで待てずに、すぐ押し倒す」が
今作のコンセプトでございましたw

「魔王になった幼馴染みとは子作りできません!」を手にとってくださった方ありがとうございました!
あの本どんな方が買うんだろうとびくびくしてますが……
面白く読んでいただけるように最大限頑張りましたので
楽しんでいただけたら嬉しいですm(_ _)m

毎回脇キャラが挿絵になるのを密かに楽しみにしているんですが
今回、暁兄さまが挿絵にならなくてかわいそうとかひっそり思いつつ
でも本当にかわいそうなのは、きっと雨水さまwwwな気がしている。
もぎたて林檎先生が描かれた雨水さまがきらきらまぶしすぎて
なんで雨水さまがヒーローじゃなかったんだ!!!とか思ったことは内緒ですw

そして4月は眼鏡王子のコミカライズも発行されそうです!
ふへへ……と て も エロシーンがエロいです(*///▽///*)ゞボッ ひぃぃぃ❤
漫画化の際に小説と変えている部分もありますが、
こちらも楽しんでいただければ幸いです!
◆2016-04-16?(予定)UP

眼鏡王子の溺愛×罠 王宮図書館の淫らな昼下がり: ミッシィコミックス/YLC DXCollection
七里慧 様(画)藍杜雫(作) 宙出版
アマゾン/楽天/セブン/ エルパカ / e-hon紀伊國屋honto/Honya/ ツタヤ
眼鏡王子の溺愛×罠-ハニートラップ
◆2016-5-20?(予定)UP
「S系公爵の優雅な戯れ-水都秘恋ロマネスク【乙女ドルチェ・コミックス】」
◆琴稀りん様(画)藍杜雫(作
※予約受付中ですが発売延期していました。
※予定は予告なく変更になることがあります
アマゾン/楽天セブンエルパカe-hon紀伊國屋hontoHonyaツタヤ
S系公爵の優雅な戯れ〔ヴァニラ文庫〕

3月刊もよろしくお願いします
藍杜屋/バナー企画
 
09
 
新刊「軍師の飽くなき渇愛-ティアラ文庫」の見本誌いただきました
かっこいいデザインにしていただきました!

少し前に、眼鏡王子の韓国版の見本誌もいただいていたので
こちらもパシャリ✨

眼鏡王子は七里慧先生のコミカライズが
宙出版様から出ますので
こちらも併せてよろしくお願いします!!!
お、お小遣いに余裕がありましたら是非!!

そして本題です。
先日気がついたのですが
「ご主人様と甘い服従の輪舞曲-ロンド」が
ほとんどの書店で品切れの様です


昨今の様々な情勢の変化もあり
たぶん再販がかかることは無いと思うので絶版品切れで
紙の本は新刊では手に入れられなくなるんじゃないかと思います

というのを、書こう書こうと思いながら先延ばしにしていたら
ネットで通販扱い可能なところがヨドバシしかなくなってしまった(汗
ヨドバシ通販

この本は大人の事情といいますか……
新人賞という形で出していただいたせいもあり
実は部数がかなり多かったのです
正直、永遠になくなることはないと思っていたのですが、まさか。
びっくりです(゜Д゜)
断裁破棄なんじゃないかと疑い、確認しましたが、どうも違うようですw
たぶん、イラストを書いてくださった椎名咲月先生目当てで
ほそぼそと買ってくださってる方が
いたのではないかと!!思います!!

先日、部屋から出てきた「ご主人様と甘い服従の輪舞曲-ロンド」を知人に差し上げてしまったので
もしかしたら手持ちの本がないかも!と思って
書店で買おうと思ったら、近場で売ってるところがなくてですね……
よくよく探したら、もう一冊出てきたので良かったのですけど
あやうくデビュー作が手元になくなるところでしたw

こういうのは問屋在庫とか書店在庫とかで
細々と残ってるはずなので、
本屋さんによっては注文できる場合もあるそうですが
出版社在庫は、ほぼないそうです
もし持ってない方で紙の新刊で欲しい方は
見かけた際に確保してやってくださいませ~

いやでも、この本、いったいどこで売れたんだろうかwww ……怖いw
わたし発売当初、本屋に偵察に行ったときは
そんなに売れているように見えなかったんだけどなぁ??

なぜひとつの本が、発売した直後だけではなく
その後も売れ続けるのか
その理由というのを、確定させるのは難しいと思いますが
この本だけは新人賞扱いのため
編集部で推していただいたせいでしょうか??

たぶん私の目に見えないところで、売れてたのですね……へぇへぇへぇ……
イベントで、この本が好きですというコメントをいただいたときも
とても驚いてしまったあいもりですw
や、もちろんうれしかったのですけど
というか、部数が少ない本からなくなると思っていたんだけど
実は違うのかもしれない……

最近になって、この小説を拾い上げていただいた理由を伺い
「そういうことは早く言ってください……!」
とひそかに、友人に愚痴っていたことはナイショですw
わりとなんていうか
自分にとってはコロンブスの卵的な理由だったのですが
実際にこうやって、自著が絶版品切れになるほど売れるというのは
たぶん、数字に表れにくいどこかで、
この本が売れていたと言うことなのでしょう
まったくもってびっくりでした!

ただひたすら萠えだけを詰め込んで、この投稿作を書いたのですが
まさかそんなに売れるなんて、夢にも思いませんでした

これからも初心を忘れずに、ラノベ小説界の末端でほそぼそとしぶとく
傭兵のように、書き続けていきたいと思います
何でも書けるようになりたい……(>_<)
どこで本が出るかのお知らせは、めるまがでも出してます
新刊出て、登録してくださった方ありがとうございます(平身低頭)
めるまが登録

ともあれ、お手に取って下さった読者様はもちろん
新刊が出るたびに既刊を揃えてくださったりした
リアル書店さまのおかげだったりもあるかと思います。
もちろん、美しい挿絵を描いてくださった椎名咲月先生にも感謝です。

電子書籍は取り扱い続いてますので
興味を持っていただいた方は、正規に電子書籍で購入していただけると
わたしがうれしいです

同世界観のお話、「S系公爵の優雅な戯れ~水都秘恋ロマネスク 〔ヴァニラ文庫〕」もよかったらお願いします~。
コミカライズは延期になってた……大人の事情というやつですね
予約してくださった方、すみませんすみません💦💦💦

しばらくしたら新刊の案内を上に上げますね
今度の新刊も「ご主人様と甘い服従の輪舞曲-ロンド」のように
好きな人は凄く好きという本かもしれない……
どうか手にとっていただけますように!

最新記事

Twitter



藍杜屋/バナー企画

RSSリンクの表示

最新コメント

リンク

QRコード

QR

【縦長バナー2】

Copyright © 藍杜雫 / Designed by Paroday