30
 
スランプ対策|クリエイターを成功させる感性が、翌日に自身を苦しめる
さて、このなんとも言えない突如やってくるアイデアを私は風と表現しています。
それは突然やってきて、そしてあっという間にアイデアを残し、過ぎ去っていきます。
さらりとした内容でさらりと読んだ。
たまに見かける、
『忘れるような印象に残らないアイデアは、とるに足らないから忘れていい』
というのとは対照的なお話。

毎回、アイデアが浮かびやすい条件は同じ。
というのを読んで、そーいえばそーかも。と
思いました。

私は部屋暗くして、もう寝る。というときが
圧倒的に多いかな。
寝る前だから、メモするのに起き出さなきゃいけないので
面倒くさくて寝ると、朝起きたときには
浮かんだアイデアを忘れてます……

だから寝そけるかもしれなくても、起きて
メモとらなきゃいけないんですが
眠いときとか、こんなはっきり覚えてるんだから大丈夫。とか思い
メモを取らないで寝ると、
起きてさっぱり忘れるというのを繰り返してます

次点が散歩かなー
ライブとかもあるかなー

そうそうそれとたまたま昨日
しょいこまない思考方法について話していた。

『なんで大変なことが起きてるときに限って、またこんな大変なことが…』
ということが、仕事も私事もあると思います。

私も去年の8-11月もまさにその連鎖でしたが
『なんで私がこんな目に』とか
『なんで私がやらなきゃいけないの』とか
『自分だけが運が悪い』とか
『なんで!?』
という思考だと、追い詰められやすいよね
という話で友人と盛り上がった←

こういうもんだから、仕方ない。
と思って手近なところから片付けて
完璧じゃなくてもまぁいいやとか
『こんなもんこんなもん』とか
『次から次へと大変がくるのって当たり前』
みたいな考えでいた方が追い詰められないよねー

という話。
できる限り手を尽くしつつ、ところどころ手を抜いても仕方ない。
というのは、一見矛楯してるけど、結構重要

上級者になると、
『こんなに大変なことが立て続けにあるとか滅多にないんだから、勉強させてもらってると思おう』とか
ポジティブに捉えるよね。とか
そんなまるで自己啓発本みたいな話してた。

まぁ……失敗は凹むけどねーふふふ……
いい加減気分を変えるためにも、タンスの衣替えしなきゃー

気の持ちようって大事
 
29
 
どうも家族の一人から次へと
風邪がうつってるような……

ホラー
ホラーだぁぁぁ!!
次から次へとゾンビ的な!!

……まぁそのちょっと今
私事がばたばた。
アレとかアレとか。
こういうのって重なるもんだよね☆
わかってる

早く川崎大師に行かなきゃ!!
って、そいや某は車のお祓いに行ったのかな
行ってなかったら(以下略)
大事だよ、お祓い!!←力説!!
 
28
 
わーすみません。
「ロイヤル・スウィート・クルーズ」をお手にとって下さった方
ありがとうございます
発売した後、それをまず書けと……(;^ω^)

気になるけど、どうしようか迷ってるという方は
上のリンクから、試し読みの方をどうぞー。
酔っ払ってるシーンであれですが……
一応、文体の試し読みがわりに
前作、「ご主人様と甘い服従の輪舞曲」の
あまりネタバレ関係ない短い話をサイトの方に置いてます。
藍杜雫の今宵も駄文。
↑こちら

そういえば、「ロイヤル・スウィート・クルーズ」
に入ってるのか…な?
どういう風に入ってるのか理解してないのですが
「ご主人様と甘い服従の輪舞曲」のフレイがキャラカードで挟まってます。
椎名咲月先生の描いて下さった素敵な流し目のフレイですよー

本は大体一ヶ月くらいが
いろんなこう……査定的な
あれらしいので、ぜひぜひ手にとってやって下さい(*u_u*)ペコ

そんなこととは別に
そこはかとなく、GW前後の仕事の調整に失敗したのが
なんとなく尾を引いてて未だばたばた。
えっと、普通の仕事と兼業でやってます。
(書こうと思って忘れてました……汗

毎年、この季節、横浜球場でやっている
横浜の開港記念のバザーに出かけていて
どうやら今日あたりから開催しているらしいのですが
それより諸事情により、川崎大師に行きたい今日この頃。
ええ、諸事情

それとは別に
今回詳細プロットを書いてから提出用の書いたけど
やっぱりこの方法の方がいいな……うん。
次もこうしよう。φ(..)メモメモ

こういうのって人によって
どの方法がいいとか違うと思いますが。
私はこの段階で、バランスとかちまちま直すのが
あってると思った能天気
そんなわけで、多分訂正入るだろうと思いつつ
提出したプロットにちまちま手を入れる。
思いついたことを書いているだけともいう。

しかし話を考えるのはともかく、
提出用プロットはMP(マジックポイント)とか
CP(特殊技ポイント)が削られる作業なので
あまりいっぱい書くと、抜け殻になって死ぬなーと思いました
まぁあんまいうと怒られるのであれです。
やるしかないんです。やりますザッパーン

この間、漫画描きで、雑誌のコンペみたいのに参加してる方が
ネームに苦労している話をちょっと伺い
結果とか講評とか見てると、あれはあれで大変そうだなーと
ちょっと思いつつ……あわあわ

他の人も頑張ってると思うと頑張れるので
頑張って欲しいなー。
また雑誌に載るように祈ってます
 
26
 
【これまでのあらすじ】
小説の師匠てんてーマジ天使☆から
勝手に免許皆伝をもらったよ。とかほざいてたところ
【新作】という強大な敵の前に
手も足も出ない藍杜は、泣きの一手で
もう一度、師匠の元に弟子入りを申し入れ
体力が足りない 校庭百周
筋力が足らない 腹筋百回
と基礎体力作りからやり直させられることに……
というわけで(何がだ)
ロイヤル・スウィート・クルーズを書いてるときに
小説の師匠、てんてーマジ天使☆から、そこはかとない
監修をいただいてました。
(半分ぐらい本当です

他の人の小説とか読んでて
「こういうのいいなー」文体の話
というと速攻で
「おまえにはムリ☆」
とか、ざっくりずっぱり斬られ……
おまえの小説は、こういうのが足らない。
もっとこういうのやれ。
といわれたことがあったのですが
心の中で
「それ、昔、おまえはやるな!」っていったやん
と思ったけど、口にしなかったー。

大人だから!
大人だから
おーとーなーだーかーらー

大事なことなんで3回言いました。
試験に出ます

いや、心情的にはともかく
実は重要なトコ、そこじゃないんだけど。

まぁ、言った人からしたら、
「それとアレは違う」みたいなとこだと思うけど
案外すっごい初心者の時に言われたことって
ものすごいクリアーに覚えてるモノです。
言われた側は。

まぁ、今回は「やれ」といわれたので
それでいいのです。
大変ありがたいです。
監修大歓迎です。いつでも大歓迎です

初心者のときはやるなといわれたことを
やれと言われるようになったんだなあと思いました。
しみじみ。

が。
意外とこれ、1度
初心者のときに、1応自分が目上だと思っている人から
「これはやるな」といわれると
その呪縛って、言った本人が思っている以上に
強いことがあるんだよね……と思ったところが本題です。

なんでもそうなんですが
初心者のときに、初心者だからこそちゃんとした指導者に習った方がいい。
みたいなのは、きっと
「ある程度上級者になったらやらなきゃいけないこと」
に対して、「今はやってはいけない」という余白を残すことに
こそあるように思う。

これを、言った人が忘れてしまってると
言われた側は、意外と永遠に呪縛がとけなかったりするものなんだよね

「この人、○○はやらない人なんだな」
というのは、そういうものだと思ってる人にしてみれば
「○○はやらないの?」という問いは出ないし

○○はやるな。と言われたからやらないのに
「この人、○○はやらない人なんだな」
というレッテルが何故か、○○はやるな。と言った人の中にも
貼られてしまうとか……汗

まぁ、ちょー初心者の頃に、
「こーゆーのやるな」っていわれたの
多分今回やれ。と言われたのの萌芽だと思うん。
とか、普通の人には多分認知出来ない領域ではありますが……
いちお、コレ。自分自身へのメモ代わりに書いときます。
まぁもう自分で気をつけるところだと思うんですが
言われた人からの解除って、結構重要です。
ありがとうございます。

しかしやらなくなってひさしいアレなんで
たまにしか、シナプス繋がりませんよ……てんてー
 
26
 
なんか書こうと思ってたこともあるけど
メモっときたいこともあるけど
それはそれとして

ほぼ私信
色々とアレがアレなんで
まぁわかってるとは思いますが
アレです(ニュアンスで察してください)

去年まではまったく読んでなかった気がするのに
今年は何故か獣系いっぱい読んでる……
今年だけで10年分読んだような気分です。
もふもふ。

家族に風邪が出た!!!
 
20
 
「ロイヤル・スウィート・クルーズ」発売しておりますー。
甘くロマンティックな王子様とメイドさんのいちゃエロと恋の物語。

山田パン先生のメイド服がはだけてたり、コルセット絵も素敵です!
よかったらお手にとってやって下さいませ~。

「ロイヤル・スウィート・クルーズ」ティアラ文庫公式サイト試し読みページへ

【追記】
しばらく手を入れられそうにないので
「ご主人様~」のSSで子どもの頃の話をサイトの方に載せましたー。

 
16
 
こんばんは。藍杜雫〔あいもりしずく〕です。
昨日はなんだかいろいろばたばたしてて
夜日記書くどころか、PC立ち上げられませんでした…よろれり。
この暑さ辛いですね汗2

今日辺りから早いところは本屋に並んでいるんでしょうか……
ネット通販は明日が発売日(発送日)なの…かな?
見かけたら、是非是非
お手にとって頂ければと思いますー(*u_u*)ペコ

そんでつらつら書くこぼれ話。

本「ロイヤル・スウィート・クルーズ」こぼれ話。
苦労したエロシーンの話


エロシーンは割とストレートに書こう。
とか今回思ってました。

って担当さんに言ったら、
「前回も割とストレートでしたよ」といわれたけど。

…………けど。
……けど。

ところで、割と友達とエロシーンのエロさって
なんだろーねーみたいな話をするのですが
やっぱりこういうのって、なんとなく行為の過激さ。
みたいなものをエロさのバロメーターにしてしまいがちな
気はしてます。

過激なことしてる=エロい ですね。

しかしやっぱり
過激なモノをエロいと感じるかは
性癖とか趣味の範疇な気もするわけで……
それでいったら、甘いエロってなんなんだ。みたいな話になり……

やっぱり想像力じゃない
という話をしたりもしてました。

ちょうどいいところが隠されている方がエロいとか
逆にちょうど想像を喚起させやすい部分が書いてある方がエロいとか
あくまで理屈では。ですけどね

今回の執筆にあたり、当初から、
これは描くのにちょっと気をつけろないと書きにくいぞ
と思っていたところに続いて、
書いてみたら、かなり途方に暮れたところがあり
他の部分の2倍~3倍ぐらい時間がかかり
それ以降の部分もペースが戻らないようだったら、
最初に話した締め切りを見直してもらった方がいいかもしれない……
というぐらい、行き詰まっていたところがありました。

結局そこを抜けたら、普通に書けたので
そのまま進められたのですけど

その苦労したところ、
きっと、読み返したらものすごく失敗しているに違いない~。
きっといっぱい直さないと駄目に違いないーと
ぐるぐるしつつ、取りあえず1稿あげてから考えよう。
と先に進めていたのですけれど
ひとまず全部書いてから読み返してみたら
意外と
その行き詰まって苦労したところ
自分の想像より、全然ひどくなかったのです。
というか、
むしろ、これ、わりと
エロいんじゃね?
とかいうのが、読み返して一番に浮かんだ感想で……

正直、何が原因でそう思ったのか
自分でもよくわかってないんですが
言葉責め

すごい苦労したとこ、意外と成功してたー!!
意外とエロかったー!!

とか勢いこんで友達に報告すると
「意外とそういうもんだよねー。そんでさくさく書いたとこのが酷かったり…」
とあっさり肯定されたり。
……そ、そうね汗
実際さくさく書いたとこ、後からめっちゃ手を入れたんですが。

当時、ちょっと共通に読んでた同人誌の監禁本で盛り上がっており
それはそれでよかったのですが
(というか、あれは監禁というシチェだけがいいというわけでもなかった)
やっぱり、エロさとかって案外シチェーションの過激さに
よるものでもないのかなー
漠然と思いましたのことよ。

いや、執着のあまりの監禁もいいとは思いますが

やっぱり苦労はした方がいいんだなーと思いました。
他にもいっぱい苦労しましたが……。
そして苦労は実際の文章には表れてないといいなーと
思います。
読む人は普通に楽しんでいただければいいなーと。

実はエロシーン、30Pくらい削ってます。あ れ で も 。
ちょっと調子に乗って書きすぎて
ページ数が(かなり)超過してたのです。

多分、書いてるときにメイドさんなのに、メイド服脱がされてるところがないー
と誤解して(実は一応あった)、足した部分のせいかと思います。
でもいいの……
はだけてるメイド服はロマンです。きっぱり。(。+・`ω・´)キリッ
中途半端に残ってるコルセットもロマンです

個人的にはメイド服脱がせてるところがお気に入りです
よかったら本編で確認していただければと思います音符ピンク

あと、友達に
「今回のクライマックスは○○にする!!」とか
宣言してたのさっくり忘れてたりとかして
直したり……これは自分でも酷かった。
多分、ものすごく行き詰まったときに、ものすごく焦ってしまい
いろいろと吹っ飛んだのだと思います。多分。

やることは、目に付きやすいところに
メモっといた方がいいね……(遠い目)
 
13
 
本「ロイヤル・スウィート・クルーズ」こぼれ話。
紅茶とサブタイトルの話


そういえば今回、最初取りあえず書いたあとに章に分けました。
「ご主人さまと~」の時は……どうだったかな
なんか、あれは何カ所かは初めから、章を変えてあったような気がする。
今回のは最初に書いた後、担当さんとのやりとりしながら
直してるどこかの段階で内容から、サブタイトルをとりあえずつけたのです。

ところで
今回は王子様と船室メイドさんの身分差恋愛王冠
なのですが、お話しの中で
紅茶を淹れるところが何度かあって
その紅茶何にしようか……とか
悩んだのですが、高級感のある紅茶って何だろう
と思ったときに真っ先に思い浮かんだのが
ダージリンの春摘み新茶
ストレートフラッシュ。でした。
これは実は偶然にも、今がシーズンなのですー
紅茶専門店さんとかに行くと
多分ストレートフラッシュの特集くんだり、
新入荷の案内が出てるかと思います
青みがかったダージリンストレートフラッシュは
ちょっと長めに蒸して味わっても、全然苦くない
美味しいですよー。
ただしお値段もいいかなーと思うので
とっておきのティータイムにどうぞ

そんで、サブタイトル。
わりと後の方のもう決定稿が出そうなときに
担当さんからのメールで、紅茶がひとつのキーアイテムだから…
みたいにいわれたときに
そーだ
サブタイトルに、ひとつくらい紅茶にかかわるものをいれよう
とか思い、慌てて2章のサブタイトルを
『第二章――王子の我が儘ティールーム』
に変えたのでした。
他に『第四章――王子の命令には絶対服従のバスルーム』というのが
あったので
ティータイムにしようか、悩んだのですが
ティールームとバスルームで
韻を踏んでるのもきっと可愛い
とか思ってティールームに。
このサブタイトル、最後に入れた割に
一番くらいに気に入ってます
我が儘ティールームってなんかよくないですか
我が儘言える部屋って感じの…割と好きかも。

ちなみに「ご主人様と甘い服従の輪舞曲」では
『第一章 甘い告白は蹂躙する』っというのが一番のお気に入りでした。

そして今回のサブタイトルは、こぼれ話のネタ何にしよう…と思ってるときに
水島忍先生がサブタイトルについてTwitterで呟かれてて
そーだ。サブタイトルの話でもと思ったのでした

他の作品でもサブタイトル眺めるのって
結構好きです。
どんなお話か何となくわかりますしね
 
13
 
紫外線が増しているから
UVケア気を付けようね☆
という注意をよく聞くようになりましたが
休みの日ぐらい日に当たらないと能天気と思って
庭に出て、花の写真を取ってました。
赤いバラの写真、指が入ってる……
気づかなかった~
赤バラと矢車草13青いバラ15
赤いバラ14赤い尺薬16
白い尺薬17ピンクのバラ12

イチゴも鴉に食べられるから
早めに摘みとれという司令のもとに
少し赤くなっているのを収穫。
そんな休日らしい休日。

昨日は1日中出て歩いていたので
結構疲労困憊度合いが激しく
今日の乾燥と日差しでやや参っていたのですが
まぁいいや。

そういえばひとまず次のプロットについて
お伺いを立てているときに
「1つは何となく、通りそうな気がする感じのプロットです
と言ったら、担当さんに
「いやでも全部通らないこともありますから(キッパリ)」
と言って警戒された!!
多分全部通らなかったときに、藍杜が凹むことを警戒されたのだと思われる

警戒されたー

担当さんはわりと可愛い感じの思考をする……気がする
私言語

これが友人だと
同じことをやっても、絶賛うざがられるんですが……
そして本当に全部通らなかったときに
凹んでも下手したら同じ反応がくるんですが
友人の場合

別に、全部通らなかったら
また考えるだけだから平気だもん

凹むところと、駄目だったらまた考えるところは別腹だから

友人とかだと
最近、その別腹を見越してくるので
「え~今凹んでいるのに慰めてよ~」
みたいなことになる……気がする無言

いやでも
「考えてるの全部通りそうに無いプロットです……」
とか出すのおかしいじゃん

いつだって、出すときは
このお話面白いに決まってる
という気持ちで出すわけですよ~。

まぁ担当さんが警戒するのも
友達が絶賛うざがるのも
それなりに故があることなので
仕方がないっちゃ、仕方がないんですけどね汗2
 
09
 
こんばんは。藍杜雫〔あいもりしずく〕です。
ロイヤル・スウィート・クルーズこぼれ話の続きを…
と思ったのですが、その前に
そいえばいちお、これ書いておいた方がいいのかなー
ふと思ったので、この機会に書いておきますね。

TL小説って何

という方も中にはいらっしゃるかと思います。
あえて言うなら
「朝チュン(死語かも)で終わらないH描写あり」の小説って感じでしょうか。

男同士カップルのH描写あり小説――BLに対して、
男女カップルのH描写ありの小説といえるかな

藍杜のデビュー作を出してくださったティアラ文庫さまは
その中でも草分け的なレーベルになります。

藍杜は割と小説って、だだ書きして、友達に無理矢理押しつけるか
たまに投稿してた以外は、HDの中に保存してるだけ。←今も大量に残ってるよ
たまに自分で読み返すくらいの、
かなりひきこもり執筆スタイルだったのですが
以前、一回だけ男女カップルのH描写ありの官能小説っぽいものを
不特定多数の人に向けて出したことがありました。
その時はまさか、こんな時代が来るとは思ってもみませんでしたけど

最初の投稿作執筆に当たり
その時いただいた感想を思い返して、励みにしてました
女性向けのそういうものが、その時はとても少なかったのですよー。
ちなみにそもそもかなり小説の書き始めの頃なので
きっと今読んだらひどいものだと思いますが……汗
藍杜の小説の師匠に当たる友人から
ずたぼろにいわれた記憶が……(笑)
多分初めて書いたくらいの一人称小説だった…。
それまで三人称で書いてた。
いや、いただいた感想も叱咤激励のうち
叱咤大半だった気がするけど
でも愛があれば、叱咤もうれしかったのですよ

現在TL小説と呼ばれるレーベルさんはたくさん増えて
いろんな方が執筆されていて
いろんな傾向のものがあって
読む分にはわりとほくほくしてます

藍杜はわりとなんでも読める方だと思いますが
文章って、人によっては読める文章に相性があるそうなので
いろんな人が書いてくださる方が
読んでいて自分に合った文章に会える確率が高くなる気がしますー

いろいろ選択肢があるのって素晴らしいネ
 
07
 
ティアラ文庫公式サイト試し読み始まってますー音符オレンジ
【試し読みページへ〔別窓〕】
「ロイヤル・スウィート・クルーズ」試し読みページへ

【応援バナー企画〔別窓〕】
「ロイヤル・スウィート・クルーズ」応援バナー企画
のページを作りました音符ピンク

個人サイトの方へ飛びます。
良かったら、サイトやブログのどこかに貼って頂ければ
幸いです(*u_u*)ペコ

◇2013-05-17
◎楽天
【送料無料】ロイヤル・スウィート・クルーズ [ 藍杜雫 ]
【送料無料】ロイヤル・スウィート・クルーズ [ 藍杜雫 ]
価格:600円(税込、送料込)
◎Amazon
4829666528
ロイヤル・スウィート・クルーズ
藍杜 雫 山田 パン 〔プランタン出版〕
〔敬称は略させていただきます〕
私が王族専用スイートの担当メイド!? 豪華客船に乗り込んできた王子ユージン直々のご指名。昼は船室でお世話を、夜は恋人のように洋上の社交界へ! 濃厚な口づけ、バスタブで熱く抱かれ捧げた純潔。夢のような日々に酔いしれ、でもこの関係はきっと航海の間だけーー。寂しさが膨らむなか飛び込んできた言葉は「本国には結婚の許可を取ったぞ?」王子、何を仰ってるんですか!?
 
05
 
GWのイベント3昧で、萌えは補充しているけど
体力的に燃え尽きてます~

買って買って買いまくって
プチ3昧したあげく
友人の新刊が売れて余った箱の中に
自分が買った本を入れたら
あら不思議音符オレンジ
箱がみっちり埋まってしまいましたよ

みたいな世界でした
ちょっとまだ疲れ死んでるので
速攻寝ます……
 
05
 
「ロイヤル・スウィート・クルーズ」応援バナー企画

のページを作りました音符ピンク

良かったら、サイトやブログのどこかに貼って頂ければ
幸いです(*u_u*)ペコ
つぃったでのご案内はまた今度~。
 
02
 
1度日記を書かなくなると
何を書いたらいいかわからなくなってしまうので
どんな事でもいいからなるべくかこうと思ってるのですが
中々そうもいかず……
最近ちょっと引きこもってるので
書くことがないというのもありますが。

GWの関係で、豪華客船が大桟橋にたくさん来ているので
1度ぐらい見にいきたいなあと思いつつ
なんだか色々と機会をのがしてしまってます。
せめてボイジャーオブザシーズか
ダイヤモンドプリンセスくらいはー
でも平日だなぁ。
朝、入港を見に行くというのはどうだろう
起きられるのかという突っ込みはいらないです\(^O^)/

そうそう。
本「ロイヤル・スウィート・クルーズ」こぼれ話。
色々あったけど、もうすでに忘れかけているのですが
前回の「ご主人様と甘い服従の輪舞曲」は
主従ものだったので、主従ものじゃないのにしよう!
と思ったのに、メイドさんと王子様
でも完全な主従ものゃないよー
という感じです。
途中ものすごく主従に流れそうになって
どんだけ主従好きなんだ、自分
と突っ込みを入れながら書いてました。

見本誌を頂いてからだったかも知れないので
割と後の話かな
主人公のシンシアは豪華客船の船室メイドなので
制服としてのメイド服を着ているのですが
これが結構
いろんなお着替えをしています
と、イラストをパラパラ見て思いました。←遅い

可愛いメイド服以外にも
ドレス着たり、まぁ着てなかったり(笑)はお約束ですけど
女海賊だったり、外出着とか
着せ替えいっぱいしてました

今、漫画家の萩尾望都先生の対談集を
ぱらぱら読んでいて
その中で、「当初、キャラクターはひとつの服を着ていて
着替えなかったのだけど
里中満智子先生から、キャラクターが衣装替えをするようになった(それなりに意訳)」
ということが書かれていて
そういえばと思い出しました音符オレンジ

着せ替えは女の子の夢……というようなことを
やっぱり漫画家のTONO先生も「カルバニア物語」で
どこかに書かれていたような気がする。
主人公のひとり、タニアのドレスの着せ替えについて

そんなわけで、イラストを書いて下さった山田パン先生が
いろいろ書いてくださいましたー

衣装と言えば、衣装案みたいので
書かれていたヒーローのユージンの立ち姿の
外套有りのがすごくかっこよかったのでした
あれ、確か結局無しになったの……かな?
外出着がそれに近かったかも
多分あっても全身絵にはならなかったかと
思いますがー
ちょっともったいない~

そんなとこも楽しんで頂ければと思います。
まだまだ続きます。

あとバナー関係のお知らせをー早めにー汗
えっと応援企画みたいな、よかったらブログとかに
新刊のバナー貼って下さいみたいな企画
考えていたのですが
文面を考えてられなくてですね……
多分明日の朝くらいまでにーできればー

4309273076 430927367X 4309273289
物語るあなた 絵描くわたし 萩尾望都 対談集 1990年代編
コトバのあなた マンガのわたし 萩尾望都・対談集 1980年代編
マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集 1970年代編
萩尾 望都+ 河出書房新社
〔敬称略〕
萩尾 望都先生と、漫画はもちろんのこと、各界の著名人との
対談が収められています。すごい、面白いです~。

最新記事

Twitter



藍杜屋/バナー企画

RSSリンクの表示

最新コメント

リンク

QRコード

QR

【縦長バナー2】

Copyright © 藍杜雫 / Designed by Paroday